新しい52メートル船がプライベートセレモニーで洗礼を受ける
 
2022年5月21日アンコーナ – 真のCRNスタイルを持つ新しい芸術作品が進水。オーダーメイドヨットCRN 142M/Y CIAOとして納品され、アンコーナにあるFerrettiグループのスーパーヨット造船所から本日海に出ました。エキサイティングなプライベートセレモニーにはオーナーを始め当社の経営陣、従業員が家族とともに参加しました。
 
この52メートルのスーパーヨットの販売はMiami Yacht AccessのEduardo Curyが仲介し、クライアント代理人はAntonello Vittorio MELONI氏でした。
 
総アルミニウム製のM/Y CIAOは、外観担当の建築デザイン会社Omega Architectsと屋外ゲストエリアとインテリアを担当した建築事務所Massari Designと密接にコラボレーションして、CRNがデザイン・建造しました。
 
真正なる新カスタムヨットは長さ52メートル、ビーム長9メートル、総重量499トン。4つのデッキとメインデッキにオーナースイート、ローワーデッキにVIPキャビンが4 つあり、ゆったりと10名様を収容できます。
 
CRN M/Y CIAOは強力な職人技が各所に見て取れるオーダーメイドヨット。その独特な緊張感のあるなめらかな外観ラインとほぼ垂直なバウが、力強いスポーティさとダイナミックな個性を醸し出しています。
メインデッキとアッパーデッキの広々としたフルハイトの色付きガラスで、船上のプライバシーをしっかりと保ちながら、途切れなく海の景観を見渡すことができます。操舵室にも3つの大きな窓があり、外観ラインを引き立たせながら、途切れず続く雄大な光景が楽しめます。
 
ヨットには、特に屋外に快適な空間を望む知識豊富なオーナーの意向が反映されており、ソーシャルゾーンはデザイン力ですばらしいものとなりました。大きく明るい室内と屋外スペースが崇高な調和を奏でて強く結びつき、内と外とが知覚的にも機能的にも統合された船になっています。
豊富な要素がオーナーとゲストを比類ないクルージング体験へといざないます。アッパーデッキの広く爽快なダイニングエリア、サンデッキとメインデッキにある日光浴ゾーンとスパプール付きの心地のよい多用途ラウンジ。メインデッキとアッパーデッキにある明るくゆったりとしたサロンなど、すべてが楽しさをキーポイントとしてデザインされています。
 
CRN M/Y CIAOはイタリア最高の職人技とデザインと建造における品質・ノウハウに対する比類ない深い知識が結合した、船舶芸術の傑作です。