モダンラグジュアリーのエンブレム、新しいフライブリッジはその完璧なFerretti スタイルの中に 海での体験を親密で快適にする理想的な機能を備えています。
 
 
2022年5月2日フォルリ - Ferretti Yachtsがフライブリッジの範囲を拡大し、船上で過ごす時間を特別で華々しいものにするFerretti Yachts 580を発表。全長18メートル超、幅5メートル。50 ~60フィート級で最も愛されているヨットの進化形は、Ferretti Yachts哲学の特徴である快適さ、モダンラグジュアリー、すこやかさの基準を更に高めています。このプロジェクトはすでに7隻が販売済という大成功を収めており、このタイプが時代を超越したクラシックなボートとみなされていることが確認できます。最初の船は2022年10月に完成予定。2023年のデュッセルドルフボートショーで公式デビューを予定しています。

Ferretti Yachts 580はPiero Ferrari率いる製品戦略委員会とFerretti Groupエンジニアリング部門とのコラボレーションで実現しました。外観デザインは現在までブランド6隻を手掛けている建築家Filippo Salvetti、内装はFerretti Yachts とコラボを継続しているIdeaeitalia が担当しました。

Ferretti Yachts 580の外観は、Salvettiが手掛けたスタイルの特徴を反映したクリーンでスポーティなラインが魅力のデザインです。 “外観デザインは、上部構造の特徴を定義づけるブレード型のディテールから生まれました。広大なガラス張りの表面と少なくとも2メートルはある天井高が優れた視認性を与え、空と海を一つの額縁に入れた壮大なパノラマを提供します。” と 建築家Filippo Salvettiが説明しています。
 
一番のイノベーションはカスタマイズオプションの拡大で、メインデッキだけでなく、3つのキャビンを備えたローワーデッキにも2つのレイアウトをご用意しています。レイアウトの一つは船内中央の書斎または化粧台コーナーの付いたマスターキャビン、前方のダブルベッドキャビンと2つのバスルームを備えたツインベッドキャビン。他方のレイアウトでは、マスターキャビンにつながる書斎が3つめのバスルームになります。もう一つ注目なのがコックピットとギャレーをつなぐ電動式の窓で、窓を開けるとゆったりと広いカウンターが現れ、皆で楽しくくつろげる空間になります。
 
インテリアは快適ですこやかなクルージングができるようデザインされています。モダンラグジュアリーを体現する洗練されたエレガントなスタイルの中、上質な木材とファブリックがクリーンで合理的なデザインセンスで組み合わされています。Ferretti Yachts 580はクラシックとコンテンポラリーの2バージョンでお届けする予定です。クラシックは大地の暖かみを感じる雰囲気、コンテンポラリーは海の色にインスピレーションを得たフレッシュなトーンのきらめく木材とファブリックを特徴としています。どちらも紛れもないメイド・イン・イタリーのスタイルです。
 
Ferretti Yachts 580は、900 mhp (標準)または1,000 mhp (オプション)の VOLVO PENTAエンジンを2機搭載できます。
また、Humphree ダイナミックトリムインターセプターやXENTA電気油圧式ステアリングシステム(標準)、またはお好みでジョイスティック操縦やジャイロスコープ安定装置(オプション)など最新のFerretti Yachtsテクノロジーをすべて搭載できますので、オーナーのニーズに合わせた最適なナビゲーションと係留システムを構成していただけます。